医学部の受験対策で何よりも大切な事は生徒自身以上に家族の協力です。家族の協力そのものもまた、受験対策と言っても決して過言ではありません。医学部への受験となると、起きている時間はすべて受験勉強に費やす事になると言っても過言ではない程です。それだけの難易度に進まなければならないのですから簡単ではありません。ですがこれを生徒だけで立ち向かわせるのは無理難題が過ぎます。

出来る限り家族としてもいろいろな形で協力してあげる事が望ましいのです。例えば受験勉強に集中してもらうために、家ではあまりうるさくしなかったり、生徒が受験勉強に打ち込んでいる時は親や他の子どもも騒がないようにする。かといってあからさまに気を使っている感を出すのではなく、普段通りに接する。

過剰な思いやりは時に生徒に対して必要以上に大きなプレッシャーとなってしまいますので、そのような事にならないよう、あくまでも自然に、でも協力する。難しくはありますが、家族もこのような姿勢が求められるのです。移動時間節約のために送り迎えをしてあげたりですとか、食事も時間をかけないものの栄養バランスの良いものを用意するといったように、様々な協力体勢が求められるのです。