医学部に受験する際、忘れてはならないのが医学部への入学がゴールではない点です。医学部への入学は一日のすべてを勉強に費やす生活を長期間強いられる事になるのですが、医学部入学は決してゴールではありません。そもそもなぜ医学部に入学するのかと言えば医学部生になりたいからではなく、その先、医師になりたからなはずです。医師になりたい訳ではないけど医学部に入りたいという人はまずいないはずです。

つまりです。医学部に入るという事はその後医者になるのですが、医学部に入学してからの勉強もまた、医学部受験と比べても大差ないような勉強を強いられる事になるのです。ましてや医学部生になれば受験のように試験まで頑張れば良いのではありません。医師になるまでそのような勉強漬けの生活を強いられる事になるのです。そのような覚悟があるのかどうかもまた、とても大切になってくるのです。

つまり、医学部受験を志したら、医師になるまで自分のプライベートな時間を犠牲にしても勉強を行い続けなければならない事になると言っても過言ではないのですが、そのような覚悟を持てるかどうかなのです。医師は簡単になれるものではないのです。その覚悟を持てるかどうかも求められます。