医学部を受験するのであれば、当たり前ですが受験する大学の過去問は徹底的に解いておくべきです。前年度だけではなく、数年分の過去問を解いていくうちに、どのような傾向の学校なのかが見えてきます。傾向が見えれば対策も見えてきますので、過去問のチェックは言われる前にチェックしておくべきです。過去問は過去問ですから、まったく同じ問題が試験に出てくるとは考えにくいです。

ですが、過去問に触れる事で傾向を知る事が出来るだけではなく、入試の事前練習も兼ねる事が出来ます。参考書の問題を見てもなかなか本気にはなれないものです。ですが過去問を見る事で、自分自身に本当に医学部受験が迫っているのだなと自覚する事が出来ます。参考書だけではまだまだ本当に自分の勉強が正しいのかどうか分からないですし、本当に受験に役立つものなのか分からないものです。

疑心暗鬼になってしまい、勉強のモチベーションもどことなく低下してしまうようなケースもあるのですが、過去問を見る事でより一層気合いが入ると共に、自分自身が目指す学校がどのような問題を出しているのかを知れますし、実際自分の理解度がどの程度かなのかを知る事で勉強のペースを見直す事も出来ます。