家庭教師教師を頼るのもありですが、家庭教師は家庭教師でも医学部在籍中の家庭教師がいると心強いものです。医学部を知っている家庭教師を見つけて依頼する事が出来れば、その家庭教師は医学部受験の成功者なのですからアドバイス等、言葉の一つ一つに説得力があります。どのような事も、いわば医学部の受験対策に繋がっているのです。ですが医学部在籍中の家庭教師はなかなかいないのも事実です。

その理由として、家庭教師はあくまでもアルバイトであって、医学部生にとって本業ではありません。ましてや医学部は入学してからの方が大変とさえ言われています。普通の大学であればアルバイトする時間くらいは捻出する事が出来るものですが、医学部となるとさすがにそのような訳にはいきません。

アルバイトどころではなく、毎日のように勉学に励まなければならない程。入学して終わりではないのですから、アルバイトなど行っている暇のある医学部生はなかなかいません。ですが医学部ではなくとも家庭教師に家で勉強を見てもらう事はとても有効です。第三者に見てもらう事で自分だけでは気付けない事に気付く事が出来るようになるのです。ちょっとしたアドバイスのおかげでグングン偏差値が高まるケースもあります。