医学部受験に於いてとても大切な事、それは成功例をイメージする点も挙げられます。日々勉強に取り組んでいるのは合格のためですが、合格出来るかどうかなど当日になってみなければ分かりません。ですが、ネガティブなまま勉強を続けているよりもポジティブな気持ちで勉強を進めた方が断然成果が違います。

受験勉強はとても長いものになります。医学部を志したその瞬間から勉強漬けの生活がスタートする事になるのですが、成功した自分をイメージしたり、医学部に入学してどのような事を勉強したいのか。入学そのものだけではなく、入学後の事までイメージし、受験に成功する自分のイメージを作る事でポジティブになれるのです。

ある種のマインドコントロールのようなものではありますが、勉強は集中力によって大きく左右されます。疑心暗鬼なまま長時間勉強を行うよりも、自分は出来ると信じて長時間勉強を行った方が断然良い結果を生む事が出来るようになります。それほどまでにモチベーションによって左右されるのが勉強でもありますので、成功した自分自身の事をしっかりとイメージしておく事で、勉強を乗り越える事が出来る自分自身の精神状態を作る事が出来るようになるのです。