医学部受験は何よりも医学部受験という現実と向き合う事が大切です。そしてこれは、一分一秒でも早い方が良いのです。そして医学部受験がどのような世界なのか。すべての科目で優秀な成績を上げなければならないため、毎日のように起きている時間すべてを勉強に費やさなければならない。これが医学部受験の現実なのです。

これを受け入れなければ、医学部受験対策も何をしても結局は他人事です。やらされているという思いがあると、自分自身を追い込む事が出来ません。医学部の受験対策は勉強そのものはもちろんですが、精神的にも自分自身を追い込まなければならないものです。ちょっとやそっとで合格する事が出来るような世界ではないのです。

甘い考えを持って臨んだ所で結果は見えています。医学部受験と向き合うという事は、甘い自分を捨てなければならないのです。周りが遊んでいたり、異性と楽しそうな時間を過ごしていたり、仲間内で楽しそうな事をしていても、自分自身は勉強に邁進しなければならないのです。言葉以上に辛い現実が待っているのですが、医学部受験と向き合うという事は、そのような過酷な現実と、学生生活の楽しさに背を向けなければならないという事でもあるのです。