医学部受験は妥協しては成功するものではありません。これくらいで良いとか、続きは明日やろうとか、普通の受験であれば特に咎められるような事ではなくとも医学部受験の場合、話は別です。医学部受験の場合、とにかく範囲も広いですから勉強しなければならない事がとても多いのです。睡眠時間を削って勉強しているような生徒が珍しくないのはそのためでもあるのですが、妥協してはすべて後手に回ってしまうのです。

妥協する事なく、自分で出来る事はすべてしっかりと行う。当たり前の事ではありますが、これがとても大切になってくるのです。ですから出来る事なのに明日やればよいとか、今日はもういいといった気持ちでいては、医学部受験は成功しません。その日出来る事はその日のうちにやっておく。むしろその日の計画以上の事までやってしまうような貪欲ささえ求められるのです。

それは決して簡単な事ではありません。言葉にするのはとても簡単ですが、実際に自分が行うとなるととても大変なものです。ですが、医学部受験に臨んでいる生徒の多くは自分の限界以上の事を毎日行い、試験に向けて備えているのですから、自分だけ勉強しないという訳には行きません。それくらい覚悟しなければならないのです。